ここが違う!成功者の太陽光発電選び

得をしている人はどんな人?経験談から学ぶ賢い選択方法を紹介します。

rainbow

防災のためには蓄電池も併せて設置

防災対策で太陽光発電システムを取り入れることは、決して間違いではありません。
というよりも良いことです。
ですが、それだけで完璧かと言われると、そう断言することはできないです。
なぜならば、太陽光発電システムで発電できる時間帯は朝から夕方までとなってしまうからです。
そのため、もしも深夜に停電に巻き込まれたとしても太陽光発電システムで発電させることは太陽光がないためほぼ無理です。
でも、地震や台風などの天災が起こる日時というのは、人間の都合に合わせてくれるものではなく、いつ如何なるときに起こるかわからないのです。
だからこそ、太陽光発電システムだけでは備えは決して完璧ではないのです。
では、何が足りないのかと言うと、それは蓄電池です。
特に、多くの人々は日中では自宅を留守にすることも多いため、太陽光発電で電力を得ることができても、それを自分自身で利用することはできずに余ってしまうケースは決して少なくありません。
蓄電器を備えていれば、その余った電力を溜めていくことができるのです。
そして、蓄電池に溜め込まれた電力エネルギーは日没後の夕方から翌日の朝まで利用していくことができます。
このように、太陽光発電システムと併せて蓄電池を設置することで、台風や地震などの天災によって生じる長期間の停電に対して備えることができるわけです。
家庭で電力が使えることができれば、日常生活に影響を与えることがありません。
さらには、もしも天災で家庭や職場や近所に被害を受けていたらそこの対処に専念することもできるでしょう。
電力を使うことができるところが復旧の中心に置くこともできるのです。
そのため、避難所に指定されている学校や公民館、停電しては困る病院・市役所などにも太陽光発電システムと蓄電池をセットにして設置していくように心掛けていくべきです。
そうすることで、より天災に対して被害を小さくし復旧しやすい街へと進化していくはずです。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>