ここが違う!成功者の太陽光発電選び

得をしている人はどんな人?経験談から学ぶ賢い選択方法を紹介します。

rainbow

島根県における太陽光発電のとりくみ

太陽光発電は今や日本全国でその設置が盛んに行われています。
脱原発と叫ぶ一方で、実際にそれに代わる発電方法をどんどん
実施していくことで、将来的には自然エネルギーを利用した
発電方法が主流の発電方法となる日もより近くなるはずです。
島根県では県が独自に住宅用や事業所用の太陽光発電の導入に関して
費用の一部を助成するという制度を実施しています。
これは島根県から島根県内の各市町村に対して支払われる物です。
また、各市町村も独自に太陽光発電の設置に関して
助成金を支給する制度を設けています。
そのため、島根県に在住の方で、太陽光発電装置を自宅の屋根に取り付けようか
迷われえている方はまずは市町村の役所に行っていただき、
制度の概要と補助金の額、そして補助金の対象となる条件に付いて
よく説明を聞いてから、実際の施工業者との打ち合わせをされるとよいでしょう。
また島根県では民間企業が続々と大規模太陽光発電施設(いわゆるメガソーラー施設)
建設しています。
特に、島根県の西部に集中しており、江津市付近にメガソーラー施設があります。
これらの電力は中国電力に電力が売却されています。
今の地球環境の悪化を考えてみますと、
後数十年以内には様々な対策をしなければいけない環境問題はたくさんあります。
電力はほぼすべての国がつかう大切なエネルギーであり、
今後も人類にとって欠かせないものです。
個々人レベルでできるこの太陽光発電パネルの設置という活動を
一人一人が行い、すべての家庭の屋根にソーラーパネルが設置される日が来ますと
地球環境の悪化は大きく食い止めることができることは間違いないでしょう。
それは環境先進国である、日本が進んで行うべきことでもあると思います。
太陽光発電設置の初期費用は約10年後には初期費用が返ってくるため、
経済的にも長い目で見ると負担はなくむしろプラスなのです。
特に、高い建物が少ない地方都市では安定して電力を発電することができますので、
是非検討してみてください。