ここが違う!成功者の太陽光発電選び

得をしている人はどんな人?経験談から学ぶ賢い選択方法を紹介します。

rainbow

耐久性重視の太陽光発電なら三菱電機

日本国内外に数多く存在している太陽光発電メーカーですが、もしも防災をメインで利用したいと言うのならば、長く使い続けることのできる製品を提供しているメーカーを選ぶべきです。
耐久性が高くなければ、地震が起きるたびに故障が起こる可能性もあるのです。
せっかく震災時に活用するために利用しようと購入しているのに、肝心なときに利用できなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。
だからこそ、安定性と耐久性の高いメーカーを選ぶことが大切なのです。
そのメーカーの一つに三菱電機を挙げることができます。
三菱電機の太陽光発電では「生涯発電力」のキャッチフレーズを掲げており、生涯発電力から「発電量」と「耐久性」の2つにポイントを重く置いています。
発電量では、安定した高出力を実現させて、限られた面積でも効率的の良い発電を目指しているのです。
そして、耐久性では日本の気候・風土に合わせた設計となっています。
日本は梅雨や台風などの大雨や湿気などがあり、さらに北海道・東北地方や日本海側では積雪も多いのです。
それに加えて島国の日本で四方海に囲まれているため、潮風にあてられることも少なくありません。
太陽光発電システム(特にパネル)は、常に野ざらしにされることが多いので、そのような雨・雪・潮風といった原因で故障のトラブルになるケースは少なくありません。
そのため、三菱電機では太陽光発電システムを雨・雪・塩害に強い構造になるように研究開発されています。
この発電量と耐久性と2つのポイントを重視しているため、三菱電機ではいつまでも安定した電力発電ができるようになっています。
そのため、いざ大震災が起こっても故障する心配もすくなく、停電が起こっても安定的な電力を発電させて利用することができるのです。
このように、防災対策の一環として太陽光発電システムを取り入れようとするのならば、常にごろから電力を安定供給して、いつまでも使い続けることのできる三菱電機のような太陽光発電メーカーのものを利用するようにするべきです。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>